2017年02月28日

子宮とさよなら 番外編A





よろしければ子宮とさよなら-1からどうぞ〜


爆子が入院してからはおどろきの連続

部屋の中で電話は禁止されてるのだが

たまに旦那さんに電話する

爆子「パンツもってきて!タンスの一番上の引き出しのピンクのやつ!
かってたやつあるじゃん!さがせよ!」

そして一番笑ったのが

オナラ・・・・

回数がはんぱない

5分に一度くらいオナラする

最初はいちいち笑いをこらえていた私だが

半日以上たつと慣れてなんともなくなった

食事中はちょっと嫌だったけど・・・

他の同部屋の二人も絶対びっくりしてたはず

面会時間の3時になると爆子の旦那さんがくる

仕事はしてないっぽい

旦那「ピンクのパンツやっとみつけた。奥のほうにはいっててさがせなかったよ」

爆子 ブッ

旦那「屁で返事すんなや!お前、子宮摘出より肛門摘出したほうがよかったんじゃね?」

爆子「でるもんはしかたねーべ」

旦那「よくそんなに出るもんだ」

↑このやりとり、私はカーテン越しに腹抱えて声をころして笑っていました

次元がちがすぎて

イライラ通り越して爆笑

なんなんだあああああああああ

おもしろいじゃないかーーーーーーー

snapcrab_noname_2014-9-16_14-4-17_no-00.jpg





posted by ☆Vivienne☆ at 09:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: